シンガポール旅行1日目

Pocket

こんにちは!

投稿がしばらく滞ってしまい申し訳ありませんでした。

今回は先日行ってきたシンガポール旅行のレビューを書いていきたいと思います。

今回は羽田空港発の飛行機を利用しました。
JALのビジネスクラスを利用するため、サクララウンジに入ることができます。
ちなみに、私は羽田空港のサクララウンジを利用するのはこれが初めてでした。

成田空港のサクララウンジではお酒とスナックをつまめる席、シャワー、マッサージ機フロア、ビジネスフロアが1階にまとまり、ダイニングは2階にあると言う階層をまたぐ構造なのですが、羽田空港はワンフロアにまとまっています。
当然成田に比べると全体的な席数は少ないのですが、それでも十分な広さがありました。

JALのラウンジを利用するのであれば、個人的に外せない特製ビーフカレーを始め、マスの焼き物、明太子を頂きました。

ドリンクは赤ワインと、機内のメニューにもあるスカイタイムキウイ(キウイのジュース)です。

そして、機内へ。。。

今回の座席はSKY SUITE IIIでした。

既に座席にメニューが置かれています。

今回指定した座席はA列です。

SKY SUITE IIIは通路側席と比べて窓側席はサイドテーブルが圧倒的に広いです。

色々と手元に置くものが多い自分としてはこちらの方がゆったりできます。

今回選択したのは洋食。

前回の記事でJAL機内食は日本食がいい!と書いたのは自分ですが、
今回はメニュー内容的にパエリアに惹かれましたw

まずはオードブル

キノコのマリネと豚のリエットとメゾンカイザー特製ブレッド(プチアサスとカボチャのエクメック)

マリネを食べたらリエットを小さく切って食べ、パンをちぎってマーガリンを塗って食べる、
さっぱりとしたマリネと豚のリエットがバランスよく・・・
という食べ方をしたのですが、この記事を書くにあたって「リエットって何なの?」と思い調べてみたら衝撃の事実が。

何とパン、トーストに塗って食べるそうなのです。

だからパンが二つも付いていたのね。。。

はい、私は通常の肉料理のように切ってそのまま食べていましたとも。

側から見たら失笑ものだったわけですね。

一つ勉強になりましたw

 

そしてメインディッシュの十三湖しじみ、鱈、ホタテとシャモロックのパエリア

魚介系とトマトを合わせた出汁(洋風なのでブイヨン?)の炊き込みご飯です。

思ったより、しっかりとした歯ごたえがあり、見た目に反してしっかりお腹にたまります。

メインディッシュはサーロインステーキとこのパエリアから選択することができたのですが、
基本的に飛行機の肉は硬いイメージとお腹に残るイメージだったため、より軽く食べられるパエリアを選択しました。

 

デザートのリンゴのプリンとコーヒー

リンゴの爽やかさがさらっと頂ける一品でした。

 

チャンギ国際空港に到着(現地時間17:35)

チャンギ空港はマレーシアの空港と同じで入国審査前に様々なショップが立ち並んでおり、
入国審査を忘れてしまいそうになりますw

空港からレギュラータクシーでホテルへ移動。

今回宿泊したのはリッツカールトン・ミレニアシンガポールです!

そして、チェックインを済ませたら、予約していたチリクラブのお店、RedHouseへタクシーで移動。

ホテルの正面玄関を出るとすぐにボーイさんが「タクシーですか?」と聞いてくれ、誘導してくれます。

 

RedHouseに到着!!

写真は食事を終えて店を出た時に撮ったものなので空いているように見えますが、
到着した時は満席に近い状態でした。

事前に日本で公式HPから予約を入れていたので、受付(写真で手前の赤いカウンター)にいる人に予約であることを伝えると、
待つことなく奥の円卓席に案内してもらえました。

注文しようとメニューを開いたのですが、、、

ほとんどの料理に値段が書いてありません。

左ページの料理の写真と右の料理名にそれぞれリンクする番号が振ってあるので、どの料理を食べたいかは指差し注文が可能。
ただし、殆どの料理が時価のため、英語が話せないと注文に苦戦しますw

チリクラブも当然時価。

この日は1Kg 98$でサイズは1.2、1..6、1.8とあるらしいが、何せ注文を取りに来たおばちゃんの英語のスピードが速く、訛りが凄くて聞き取れない。。。
結局、初めての店のため、辛さがわからない、大量に出てきて食べきれないリスクを考えて1.2kgで注文。
他、ビール3本を頼みました。

そしていよいよチリクラブが運ばれてきてご対面!!

ソースの味は一口目はとても辛く感じ、一瞬この大きさでも食べきれるのかと不安になりました。
しかし、不思議なことに2口、3口と食べ進めてみると極端な辛さを感じなくなり、甘辛めのソースが非常に美味しく感じられました。
最後の方はスプーンで残ったソースだけを味わうほどでしたw

食べ方については特に説明が無かった為、とにかく殻を粉砕して身を取り出し、
ある程度の量を皿に出したら食べる戦法で食べました。

しかし、周りの人を見てみると殻を執拗に砕いて中身を取り出すことはせず、適当な大きさに割ったら殻ごとしゃぶるように食べるのが正解っぽい雰囲気。
実際にやってみると、ソースはしっかりカニの身についている状態で何より暖かい状態で食べられます。
私がやったように身を取り出すことに執着すると食べる量が皿に揃った頃には身が冷めてしまっていて残念な感じになってしまいました。

夕食後、ホテルに戻り、この日は明日に備えて早めの就寝となりました。

写真は今回宿泊した部屋から見えるマリーナベイサンズです。

次回は2日目の模様をアップしていきます。

ではまた!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください