ハワイ旅行2019 ステーキハウスはウルフギャングが強い!

Pocket

おはようございます。

Yukiです。

今回はハワイで楽しむお食事のお話です。

中でも美味しいお肉が食べられるステーキハウスは旅程中に一度は組み込みたいと思う方も多いのではないでしょうか?

私の知る限りではワイキキのステーキハウスはウルフギャング、ルースズクリス、ストリップステーキが御三家になるのではと思っています。
とは言っても、ストリップステーキだけはまだ行ったことがないのですがね。。。

逆にウルフギャングとルーススズクリスは行ったことがあって、ウルフギャングのリピ率が高いのでその点を書いていこうと思います。

ハッピーアワーがおトク!
雑誌やTVでも紹介されることの多いステーキハウスのハッピーアワーですが、やっぱりお得です。

いきなりメニューを乗せましたが、ハッピーアワーの特筆すべきはやはりその価格。
お酒を10ドル以下で楽しめます。

ワイン 7ドル
マティーニ&カクテル 7ドル
ドラフトビール 5ドル

毎回私はワインを頼みます。


ウルフギャングのロゴが入ったグラスに注いでくれます。
お店の雰囲気と合わせてこのワインを7ドルで頂けるのは素敵ですね。

そしてププ(ハワイ語でオードブル、おつまみの意)
いきなりお肉に飛びつくのもアリといえばアリですが、やっぱり先ずはおつまみでお酒を頂きたいものですよね。

と言うわけで


先ずは一つ目、ロブスタークリスティーニ。
真ん中のサラダはさっぱり系のイタリアンドレッシングで頂きます。
そしてカリカリのパンの上に乗ったロブスターの美味しいこと美味しいこと。
セロリの香りが良いアクセントになっていてサクッと頂けてしまいます。
ワインが進むんですよ、コレw
ちなみにププは全種7ドルです。

そして、


マグロのタルタル、お店の人はアヒタルタルと言っています。
上記のロブスターと比べるとアボカドが乗ってややボリューム感がありますが、
美味しいマグロと合わさってやはり美味なのです。
この二つだけでワインがクイクイ進みます。

で、ステーキハウスならステーキをと言うことで、いよいよ主役をオーダー


テイストオブニューヨークです!(約45ドル)
写真はとりわけ後のしかなったのでですが、サーブされた時にはこのTボーンにガッシリお肉がついています。
最初に各々に熱々に熱されたお皿が配られ、「Very Hot!アブナイ!サワラナイデネ!」と言われます。

そしてスピナッチとマッシュポテトをそれぞれ盛ってもらってい、
Tボーンについたお肉がドカンと披露されます。
目の前でそれぞれのお皿に手早く切り分けてくれて、最後に肉汁をかけてくれます。
今回担当してくれた方は日系の方で「ダシ(出汁)ー!!」と言いながらかけてくれましたw
こう言うエンターテイメント性もこのお店の魅力ですね。

このテイストオブニューヨーク、さすがステーキハウスのお肉なのでお味は完璧の一言。
アメリカ牛=カタイと言うそこらのイメージは吹き飛びます。
柔らかくジューシーで特にステーキそーすは必要ありません。
程よい塩が振られているのですが、それだけで十分。
うまい肉は塩だけで食べられる、本当にそうですね。

ハッピーアワーは11:00〜18:30となっています。
今回は16時くらいに伺いましたが、外まで並んではいないものの店内で待っている人が十人ほどいる状態でした。
ハッピーアワーは予約制ではないので、行ってみて状況次第という状況になります。
夕飯時に近い18:30までやっていることを考えると17時くらいになると相当な混雑が予想されます。
本当に混むと長蛇の列になります。

気になるドレスコードですが、ハッピーアワーであれば短パンTシャツという人も見られます。
過度にカジュアルなものでなければ問題ないように感じました。

そして、基本的にハッピーアワーはカウンター席に通されるのですが、四人以上になるとテーブル席に通されるようです。
その際、人数と席の調整の都合か必ずしも順番通りに案内されない事もあるようなので留意しとくといいかもしれません。

ここ数年のハワイ旅行で必ず1回はお世話になっているウルフギャング。
高級ステーキハウス独特のガチガチ感よりも比較的カジュアルよりな雰囲気と、ハッピーアワーで担当してくれるスタッフの方々のエンターテイメント性(恐らく、店でトレーニングしていると思われる)によって過度に緊張せずに楽しめる点がリピを誘うのだろうと思うのでした。

次回もハワイのお食事系を載せていきたいと思います。

ではまた!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください